伝世舎ができること

修復 ≫

修復 ≫

受け継がれてきた作品を、さらに次の世代へ。伝統的な手法により、作品に負担が掛からないように心がけて修復をします。

保存 ≫

保存 ≫

作品を飾るしまうためには、作品にやさしい環境をつくることが大切です。


  • 修復・保存の流れ  ≫

    修復と保存は幾通りかの方法があります。まずは調査致しますので、お気軽にご相談ください。

  • 修復事例  ≫

    損傷や劣化の具合によっては、処置方法が異なります。作品全体の修復を行うのか、一部だけの修復に留めるのか、その事例を挙げています。

  • 用語説明   ≫

    修復・保存に必要な材料・工程などの専門用語を説明します。ぜひご参考にしてください。

過去の財産を次の世代へと橋渡しすること

過去の財産を次の世代へと橋渡しすること

美術品を通して、伝統と文化を後世に遺し、伝えること。そのためのお手伝いを致します。

作品の修復・保存においては、伝統的な修復方法の基本方針である“次の処置時に除去できる可逆性のある材料の使用”にこだわりつつ、技術においても常に検証をし、伝統技術と共に、時代にあわせた新たな技術も柔軟に受け入れ生かしていくことを意識しています。

伝世舎のこだわりへ

新着情報新着情報

2017/12/11
ブログに「「裏」のお話し」をアップしました。
2017/10/24
ホームページをリニューアルしました。
2017/10/20
ブログに「修復のお仕事展’17 ~伝えるもの・想い 終了しました」をアップしました。
2017/09/18
ブログに「修復のお仕事展’17 ~伝えるもの・想い」をアップしました。
2017/08/16
ブログに「藝「大」コレクション パンドラの箱が開いた!」をアップしました。
2017/03/03
ブログに「大子町文化遺産活用シンポジウムに参加してきました」をアップしました。
2017/01/27
ブログに「ギャラリートークを行いました」をアップしました。
2017/01/07
ブログに「展覧会とギャラリートークのお知らせ」をアップしました。
2016/12/29
ブログに「保存箱の保存?」をアップしました。
2016/09/10
ブログに「会津桐の産地を訪問してきました」をアップしました。
2016/09/10
ブログに「会津桐の産地を訪問してきました」をアップしました。
2016/08/15
ブログに「修復に使う道具のお話し 羅紗(ラシャ)バサミの研ぎ」をアップしました。
2016/08/01
ブログに「おまけシール」の修復  をアップしました。
2016/07/05
ブログに「修復に使う糊のお話し ~打ち刷毛を使って~」をアップしました。
2016/06/29
ブログに「文化財保存修復学会で、神社格天井画修復の発表」をアップしました。
2016/03/30
ブログに「寒糊を煮ました。」をアップしました。
2016/03/06
ブログに「セロハンテープ痕の修復作業 その3 サクションテーブルでの作業」をアップしました。
2016/02/29
ブログに「セロハンテープ痕の修復作業 その2 サクションテーブル」をアップしました
2016/02/08
ブログに「セロハンテープ痕の修復作業 その1」をアップしました
2015/10/19
ブログに「「修復のお仕事展」終了しました。」をアップしました。
2015/09/16
ブログに「修復のお仕事展’15 ~伝えるもの/想い~ 」を開催します。
2013/01/03
ブログに「あけましておめでとうございます。 」をアップしました。
2012/12/11
ブログに「レスキューの先へ ~被災した扁額・屏風の修復と保存~」をアップしました。
2012/10/01
ブログに「旧平櫛田中邸アトリエへの道のり」をアップしました
2012/09/22
「旧平櫛田中邸アトリエへの道のり その2」をアップしました